弱い者に厳しい現実

最近、SNSなどで、若者から40代位の、特に男性が、動物や弱者にいたずらする、または…言葉にするのも嫌な悲劇を目にすることがよくあります。

タヌキが玄関にいたので、後ろからバットでフルスイングした…(;_;)死んだ動物の写真付きで平気で自分が投稿したり、盲導犬を、後ろから蹴り続ける男性を、女子高生が、泣きながらやめるようにくってかかるなど…なぜか標的が自分より弱い者という、何ともひれつなものです。

いつから?💫知らなかっただけで、前からなのかもしれません。

何かあったからといって、そこまでひどいことが出来るのでしょうか?

それにしても、最近の出来事から考えても、私のまわりでも、自分にふりかかったストレスを、弱い者に八つ当りする光景を目にします。

最近、我家に不動産屋を名乗る方からのTELがあり、マンションを買わないか、というもの。もちろん家は持ち家なので、そんな余裕もありませんので、けっこうです…と相手の返事を聞くまでもなく切ったところ、再びTEL。

「お前の家の住所は知っている。火をつけにいってやる❗」…はい?💫

すぐに切りましたが、冷静に考えても、知り合いでもない人の家に火をつける?最も重い刑の犯罪です。顔が見えないのをいいことに、お金がない人にそんなことを平気でいえる男性って…

結論、男性は、ストレスに年々弱くなっているような気がする。理由は分かりませんが。

社会保障がしっかりしていない日本だからこその現象のような気がしてならないのは、私だけでしょうか?

ネットカフェ難民を叩く前に、するべきことはあるはずだと、あくまでも私の個人的意見ですが、そう思うのです。

投稿者: akkykoba

音楽と笑えることが好きです😆🎵🎵

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。