不思議なこと

私には夢を見ない日がありません。

脳神経系の病気になり、小脳を圧迫されたせいもあるのかも知れませんが、その夢はほとんど記憶していて、デジャブになったりもします。

小さい頃は、毎日夢を見るのは当たり前のことだと思っていて、誰もがそうではないことを知って、すごく衝撃的だったのを覚えています。

その内容というのも、すぐそこにあるもののように、写実的だったり、ファンタジーっぽかったり、そのまま映画になりそうなくらいストーリーになっていたり、アニメの中にいるようだったり。

私の脳の潜在意識の凄さが伝わらないのがくやしい程です。

もしかすると、夢ではなく、寝ている間に本当に会いにいっていたり、もしかするとほんとうにパラレルワールドって存在するんじゃないかって、信じて疑わないほどです。

病気になり、今の特技はなんですか?といわれたら、夢を見ること❗と答えます。

夢事典を買ってきて、見ること30年程。それが習慣になっています。

人間の体って、特に神経というのは神秘的で、特定できない物だと思います。其れを特定する人は、心霊現象とか、超常現象とか、自然現象といいますよね。私もスピリチュアルな事は信じますけど、人は、生まれれば死ぬというように、当たり前の脳神経、人体の現象にすぎないのかなぁ?と、最近思ったりします。

鬱病なども、本人の人柄ではなく、脳の誤作動だったり、性格も怒りっぽいとかだと、やはり潜在的に何かがあってのことかもしれないですよね。

私の夢を日記に書いたら、多分脚本になります。役に立つものから、悪影響なものまであります。私自身は、特によくも悪くもないとは思いますが、意識の中では、凶悪にも神にもなりうる、無数の集合体で成り立つ一人の人間だということが、病気を通して常に意識できることでもあるという、そんな話です。

投稿者: akkykoba

音楽と笑えることが好きです😆🎵🎵

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。